顎ニキビが治らない

ニキビと生理|顎ニキビが治らない

ニキビと生理

 

黄体ホルモン増加で皮脂の過剰分泌?

 

 

生理前になるとニキビなどの肌荒れ症状が出やすくなります。何故、生理前にそのような症状が出るかというと体内の女性ホルモンの影響です。

 

女性は生理前になると女性ホルモンの一つである黄体ホルモンが増加します。

 

黄体ホルモンにはどのような作用があるかというと、皮脂の分泌を促す作用があるのです。そのため、通常よりも肌の水分と皮脂のバランスが崩れやすくなります。

 

そして皮脂が過剰だと毛穴詰まりを起こし、ニキビとなるのです。

 

また、皮脂の過剰分泌は乾燥も引き起こします。すると肌代謝が上手く行われず、古い角質が蓄積されることになります。これもニキビを引き起こす原因の一つです。

 

生理前のニキビを防ぐ

 

食生活とスキンケア

 

このような生理前のニキビを防ぐためには、生理二週間前からの食生活やスキンケアに気をつけなくてはいけません。

 

黄体ホルモンの分泌は生理二週間前から増えるので、それに合わせて油分の多い食事を避け、なるべくビタミンの豊富な食事をすることをおすすめします。

 

また、スキンケアにおいては、洗顔でしっかりと余分な皮脂を落としつつ、ビタミンC誘導体を含むスキンケアで肌をしっかり保湿することが必要です。

 

この他にもPMSサプリや低用量ピルの服用も体内のホルモンバランスを整える作用があるので、生理前ニキビに有効です。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ